まつげパーマはまつげを傷ませる

最近ではまつげにもパーマやエクステが存在します。まつげへのダメージを考えるなら、毎日のビューラーより一度のパーマの方がいいともいわれます。どちらの方法を用いても、まつげへのダメージは避けられません。また、美容師の資格や特別な技術認定がなくても、まつげパーマを人に施すことは禁止されていません。極端な話ではありますが、店舗で研修さえうければ素人でも施術をすることが可能なのがまつげパーマなのです。資格によって技術の度合いを知ることができないので、まつげパーマの施術先を選ぶ時は実績や口コミなどの情報を収集した上で、納得のいくところを選ぶべきです。他店で思うようにいかなかったパーマのつけ直しや修復が可能なことをうたい文句にしているサロンもあるようです。まつげパーマの場合、必ずしも思い描いた通りの理想的なカールになるとは限りません。パーマ用の薬品と合わずにまつげが一部縮れてしまったり、カールの角度がうまくいかず不自然さが強調されることもあります。まつげパーマにはデメリットも存在するのです。まつげにパーマを当てると多少なりともまつけが傷むので、何度もパーマを当てているとまつげへのダメージが蓄積されていきます。まつげはケアのしすぎやパーマのあてすぎで痛めてしまうこととのないよう気をつけましょう。健康的なまつげを目指したいものです。

【必見】おすすめ婚活のまとめ|年齢別、条件別の成功法